12月も中旬になっていくれば忘年会シーズンですよね。

もちろん会社での忘年会に参加すると思いますが、今年は一つ問題が…

そうなんです。初めて幹事を任されることになりまして、非常に困っています^^;

4e243f872c209786a3c8e8ad4ecbb8b9_s

これまでも新人がやってきたことなので私もいつかはやらなくてはいけないと思っていたのですが、なにせ初めての事で分からない事も多いです。

段取りや食事のメニュー、予算などは先輩方に聞いてなんとかなりましたけど、困ったのが幹事の挨拶

いくらなんでもここは先輩方と同じセリフを話すのは不自然ですし、第一よく覚えていません(汗)

 

「始めはなんて言ったらいいのだろう?」

「最後の締めはどう言ってお開きにするの?」

 

会社の忘年会となれば仕事の1つでもありますので、適当にするわけにはいきませんが、ここでポイントをおさえておく事で30分、いや20分もあれば誰にも文句を言われない挨拶文が出来ますので安心して下さい(^^)

この記事では、忘年会での幹事の挨拶で

  • おさえておきたい3つのポイント
  • 始めと締めの例文

この2つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい♪

きっと大丈夫ですよ!

スポンサードリンク

忘年会始まりの挨拶のポイント!

それでは幹事が忘年会で始めに挨拶する時の3つのポイントについてお伝えします。

  • とにかく手短に!
  • 自分なりの1年を振り返る
  • 乾杯への進行を促す

それぞれ詳しく見ていきましょう!

とにかく手短に!

幹事の挨拶は一番最初の開会を意味します。

その後に乾杯や社長、部長クラスの挨拶などもありますので、ココでダラダラ話しても

「早く進めろよ…」

的な空気が流れますので、とにかくコンパクトにすることを心掛けてください(>_<)

時間にして30秒~1分以内で十分です。

自分なりの1年を振り返る

手短にと言いましたが、

「忘年会始めます、部長乾杯をどうぞ。」

ではあまりにもあっけなさすぎて、逆にテンポが悪くなってしまいます。。

役職もいきなりすぎてビックリするかも(・_;)

 

そこで、少しあなたなりの1年を振り返ってみることで、グッと開会の挨拶らしくなります♪

これはだれにも真似できないことなのでオリジナリティが出ます。

例えば社員旅行にいった面白エピソードや大きな仕事に携った感想などを少し盛り込むと◎

面白い事を言う必要はありませんが、あなたなりにこの会社でどう過ごしてきたかを伝えると良い挨拶になりますよ(^^)

乾杯への進行を促す

先ほども申しましたが、この後には乾杯上司の挨拶などがあるので、キリの良い所でそちらに促すように進行するとスムーズにいきます♪

「続きまして、鈴木部長のご挨拶となります。」

みたいにつなげると部長もやり易いでしょう。

 

最後に幹事として自己紹介を入れておきます。

あなたのことをよく知らない方もいらっしゃるかもしれませんので、

「今日の幹事は私です」

と伝えることも大事です。

 

さて、この3つのポイントをおさえた上で実際に例文を作ってみました♪

この文書を軸にあなたなりにアレンジしてもらえば良いかと思います~

 

忘年会での幹事の挨拶!例文はコレ!

550362

会社の忘年会は友達の飲み会とは違って適当に話すわけにもいきません(>_<)

幹事を務めるとなればやはり大事な仕事というワケですね。。

正直大変かと思いますが、やり遂げたあとはなんとも言えない充実感がありますよ(^^)

その後のお酒がまた格別に美味しかったのを覚えています。

 

不安や緊張もあるかもしれませんが、きっと乗り切れるはずですので頑張ってください!

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

スポンサードリンク