E線って、切れやすいですよね~(><)

温度や湿度の変化で、楽器ケースを開けたら弦が切れていた…

弾いていたら、いきなり「プチンッ」と切れて、ビックリすることも…

スポンサードリンク

さて、当たり前の話なんですが、弦が切れてしまうと弾けないので、張り替えなければなりません(汗)

楽器店などでも弦の張り替えをお願いできますが、作業費を取られたり、技術者がいないと数日お預かり

なんてこともあるので、できるなら自分で張り替えたいです(>_<)

 

そこで、この記事ではバイオリンの弦の張り方についてお伝えしていこうと思います。

特に切れやすいE線に焦点を当てて解説していきますが、他の弦でもコツやポイントは同じ。

自分で交換できるようになれば突然のトラブルにも慌てず対処できますので、この際マスターしてしまいましょう(^^)

バイオリンのE線の張り方の前に…

張り方の説明の前に、準備するモノをご紹介します。

  • 新しい弦
  • チューナー
  • 楽器用クロス
  • コンポジション(潤滑剤)

 

チューナーは弦を張る時に、音の目安(E線の場合は「ミ」)があった方が「張り過ぎて弦が切れてしまう…」ということを防止できます。

もちろん、チューナーがなくても調弦できる!という方は、必要ありませんよ♪

私はバイオリンを始めた頃、弦を張り過ぎて切ってしまう失敗を何度も繰り返していました。

それ以来、必ずチューナーで音を確認しながら、慎重に張るようにしています(^^;;

 

楽器用クロスは、弦を張り替えるタイミングで、楽器のお手入れも一緒に行うと良いからです。

弦を張った状態では、なかなか拭きにくい指板を、弦を外した時にキレイに拭いておくと良いでしょう。

 

コンポジション(潤滑剤)は、ペグ(糸巻き)のお手入れに使います。

kyap2

⑥ ある程度巻けたら、下のボール(もしくはループ)を固定する

kyap3

⑦ 指板の溝に弦がはまるように、ペグを巻いていく

kyap4

E線には、弦が駒への食い込みを防止するビニールの筒のような物がついているので、それを駒にあてます。

kyap5

この時、ペグが緩んで巻き戻ってこないように、ペグを左側に押し込むように巻いていきます。

⑧ (E線の場合)「ミ」の音になるまで、ペグを巻いたら(弦を張ったら)完成です!